メールで文章を書くようになって気を付けるようになったこと

最近、仕事でメールを作成したりすることが多いのですが、そのときには日本語の正しい使い方について、少し考えたりします。
そもそも、私の部署では、それまで関連する部署や取引先と電話やファックスでやり取りすることが多かったんですよね。
しかし、電話やファックスなんてこのご時世では時代遅れだし、いろいろなトラブルの元になります。
言った言わないだとか、送った受け取ってないだとか、責任の所在がはっきりとしない問題が起きがちです。
それに、四六時中なる電話にうんざりしていたので、メールで済むことはメールでやってもらうことにしました。
それに伴って、メールを送ったり、あるいは届いたメールに返信したりする機会が増えてきた、というわけです。
別に正しい日本語と言っても、それほどかしこまったものではありません。
メールで人に指示を出したり、何かを伝えるときには、なるべく誤解の内容に伝えようとするのは当然のことだと思います。
そうしたときに、形容詞や副詞がどこにかかるのかというのを考えながらメールを作成することが増えてきた気がしています。脱毛ラボ vio