食事を作るのが面倒なので手抜き上手になっていく

学校が休みに入ると、宿題を早いうちから取り掛からせてギリギリまでかかってあわてない様にすることと、いつもなら給食を食べている子供たちのお昼ご飯を作ることという大きなタスクが二つ増える。いつもなら全日の残り物や、冷蔵庫の中にある有り合わせのもので自分用の簡単なお昼ご飯を作っているけれど、そんなわけにはいかない。きちんとご飯を毎日作るのが日々負担になって、面倒になって来るので、今度は夕食を手抜きしようと考えてしまう。肉じゃがをわざと多めに作ってその残りを翌日のコロッケにしたり、おでんを作ってそれをカレーにし、更に翌日のお昼はカレーうどんにまで一食作ることで乗り切っている。友達に教えてもらった思っていたよりも簡単に出来る生春巻きも、時間に余裕があるので適当に中身を用意すれば楽しみながら自分で巻いてくれる。餃子のタネだけ作ってそれを皮に包ませたりと、半分クラフトをするような感じで子どもを巻き込みながらご飯を作って、正直持て余すぐらいある自由時間を使っている。キレイモ初月無料