食事を作るのが面倒なので手抜き上手になっていく

学校が休みに入ると、宿題を早いうちから取り掛からせてギリギリまでかかってあわてない様にすることと、いつもなら給食を食べている子供たちのお昼ご飯を作ることという大きなタスクが二つ増える。いつもなら全日の残り物や、冷蔵庫の中にある有り合わせのもので自分用の簡単なお昼ご飯を作っているけれど、そんなわけにはいかない。きちんとご飯を毎日作るのが日々負担になって、面倒になって来るので、今度は夕食を手抜きしようと考えてしまう。肉じゃがをわざと多めに作ってその残りを翌日のコロッケにしたり、おでんを作ってそれをカレーにし、更に翌日のお昼はカレーうどんにまで一食作ることで乗り切っている。友達に教えてもらった思っていたよりも簡単に出来る生春巻きも、時間に余裕があるので適当に中身を用意すれば楽しみながら自分で巻いてくれる。餃子のタネだけ作ってそれを皮に包ませたりと、半分クラフトをするような感じで子どもを巻き込みながらご飯を作って、正直持て余すぐらいある自由時間を使っている。キレイモ初月無料

乳歯がこそばゆいらしく、いつも噛まれてしまう

まだまだ0年の子供は、昨今乳歯が生えてきています。それは良いのだけど、どうもさんざっぱら痒いらしく二の腕やアクセスを噛まれます。
乳歯とは言え、ギザギザで噛まれると甚だ痛いです。未だに手加減ができないので、噛むときは力一杯噛みついてきます。ようやく血液が出てしまいました。二の腕はまだまだ我慢できるけど、首の下位やふくらはぎは痛くて叫んでしまう。
昨今漸く噛んで生じる予兆が分かるようになりました。にっこりしながら口から近づいてきたら要注意です。まだまだ叱っても分かる年ではないので、きついと伝えてもにっこりしています。マミー助っ人に聞くと、同じように子供に噛みつくと、その所作をしなくなったと聞きました。子供に噛みつくの!?と思ったけど、ものは試しにやってみました。
子供が噛んできた間もなくのちに、何気なく噛みつきました。初回感動顔をしていましたが、効果があるどころか気持ちよかったみたいで、にこにこしていました。うちの子供には残念ながら効きませんでした。ロスミンローヤル 取扱店

稲葉侍ジャパン、最高の船出〜アジアプロ野球チャンピオンシップ〜

19日、日本・韓国・台湾のプロ野球代表チームによる対抗戦、
第1回アジアプロ野球チャンピオンシップの決勝が
日本と韓国の間で行われ、
日本が7-0と圧勝。初代王者に輝きました。
試合後の稲葉監督のぎこちない胴上げを見るにあたり、
若い選手が稲葉監督にかなり気を遣っている様子がうかがえました。

今回24歳以下あるいはプロ入団3年以下のプロとして経験の若い選手が
出場した今大会。
日本は初戦こそ、韓国に大苦戦しましたが、
逆転サヨナラ勝ちした勢いがその後の2試合に結び付いた格好です。
特に台湾戦で先発した横浜DeNAの今永と
決勝戦で先発した巨人・田口の投球は圧巻でした。

今回の経験を若い選手が今後の野球人生でどう生かすか、
3年後の東京五輪では主力として君臨する可能性もあります。
また来年3月上旬にはオーストラリアとの強化試合も決定。
ここは年齢上限なしの完全フル代表となるため、
今回出場しなかったWBCの代表組も合流する見込みです。
東京五輪の金メダルは日本野球界の宿願。
夢に向かって躍動する稲葉侍ジャパンの動向に今後も注目です。http://www.therensource.com/