仕事を探し始めて求人情報を集めています!

もうすぐ子どもが幼稚園に入るので、幼稚園に入ったら私は働こうと思っています。
どうやって職を探したらいいのかよく分からなかったので、ひとまずハローワークに行ってみました。

けれど、子どもも騒ぐのでなかなかゆっくりと探すことができずすぐに帰ってきました。

スマホでインディードやタウンワークなどのアプリをダウンロードして、登録したり検索したりしてみたところ、たくさん求人が出てきました。

自分がやりたいことがあまり定まっていないと言うか、子ども優先になると思うので、限られる時間で働ける、融通が利くところでお願いしたいと思っています。

ショップの定員さん、歯医者の受付、工務店の事務、和菓子屋さんでの饅頭作りなど、いろんなのを探しては想像してみたりしています。

ちょっと楽しいです。

今日は、実際に近くのお店に行ってみて、他のお店も募集していないか探してみました。
結構張り紙に求人情報が載っていたりしたので、写真を撮ってきました。
これから絞っていきたいと思います。ミュゼ 足

久しぶりに別珍という言葉をおばあちゃんの口から聞いた

先日、おばあちゃんと電車に乗ったときに、電車のシートの素材のことを別珍と言っていました。
なんとなくそういう言い回しや呼び方があるのは知っていたのですが、普段、そんな呼び方をする人なんてあまりいませんよね。
そういえば、あのシートの素材は、別珍という呼び方以外に何と呼べばいいのかはよくわかりません。
でも、おばあちゃんの発した「別珍」という言葉の響きに、なんだか懐かしさというかノスタルジーのようなものを感じてしまいました。
私たちの身近なものの中には、お年寄り独特の呼び方をするものって、意外にいっぱいあるのかもしれません。
お父さんの乗るステーションワゴンは、おばあちゃんに言わせればバンだし、コーデュロイはコールテンと呼びます。
そういう呼び方はダサいとか時代遅れとはそういう感じではなくて、なんか不思議とほんわかとした空気を持つ言葉のような気がします。
おばあちゃんが言っていてのですが、昔は別珍のやわらかくてふわっとした触り心地のするシートの電車で出かけるのは、特別なことのように感じられたそうです。
別珍なんて久しぶりに聞いたやと伝えると、そんな思い出話を、優しい目をしながら話し聞かせてくれました。ミュゼ 無料